HOME >

事故車の車買取査定はどうなる

事故車や故障して動かない車をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。 もう走らない、走れないからと言って、すぐに廃車の手続きをしてしまうというのはもったいない話です。 中古車オークションの世界では、事故車は事故車、水没車は水没車、それに不具合があるならどこどこに不具合あり、などときちんと明記された上で取引が行われます。 これは、買う側への当然の配慮でもあり、オークション出品者の当然の義務として報告する旨が決まってもいます。

これは実は逆に利用できるということも示しています。 実際、事故車を引き取って、修理して再度オークションに出品するという業者もたくさんあります。 それは、人気モデルであって、修理してパーツを交換しても売れば元が取れるという場合に限られますが、業者にとっては思わぬ儲けとなることもあるため、事故車をわざわざ狙っているという業者さえあるのです。 きちんと修理され、問題なく走るのであれば、買う方としても、人気の車種を安く買える可能性が生じてくる訳ですから、双方にそれぞれメリットがあると言えます。

また、一部の不具合のために走行できないという車であれば、その不具合のみを修理することで、不具合が無い車種と遜色無く販売し、また購入し乗ることができます。 この場合も、通常よりも人気のモデルが安く購入できるなど、ユーザーにとって魅力があるパターンとなり得るでしょう。 更に、車自体はどうにもならなかったとしても、生き残っているパーツをバラして修理用、海外輸出用として再利用することができます。 車のパーツは1個1個が結構な値段がするものなのです。

このように、車買取査定をしようと思った時、新車であったり、キズや事故と無縁な車であればあるほど高価に買取をしてもらえる可能性は高くなります。 しかし、そういう車で無いからといって諦めるのは残念な話ということになります。 例え事故車や走らなくなってしまった車だとしても、買取査定をしてもらう価値は十分にあると言っても良いでしょう。 ダメ元で、車買取の査定サービスに査定をお願いしても良いと言えます。