HOME > エンジンの性能を増幅させるトランスミッションのシステム

エンジンの性能を増幅させるトランスミッションのシステム

トランスミッションは、エンジンの性能を増幅させるもので、動力を伝えるシステムの1つとして、エンジン内で生まれたパワーをその時に応じた回転数、トルクにしてくれるもの。 クルマのエンジンは回転数が上がるにしたがって、パワーとトルクが高まっていく仕組みになっている。

マニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)の種類があり、我が国では現在、かなりの割合でオートマチックトランスミッションが採用されている。 日本同様アメリカでもオートマチックトランスミッションが人気のようだが、グローバルな視点で見るとヨーロッパなどはその数字が逆転し、マニュアルトランスミッションが人気になっている。

ヨーロッパでマニュアルトランスミッションが人気の理由は、その燃費性能の優秀さにあるようです。 確かに、日本で販売されている車も、同車種で比較してみるとオートマチックトランスミッションよりマニュアルトランスミッションのほうが燃費が良いようです。

また、購入時にもマニュアルトランスミッションのほうが、低く価格が設定されているようで、燃費と価格を両方考慮して長く乗ることを考えると、かなりお財布にやさしいのがマニュアルトランスミッションと言えますね。 一方、オートマチックトランスミッションはどうでしょう。

確かに、燃費とコストはマニュアルトランスミッションに譲りますが、それを補って余りある魅力があるようです。 それはなんといっても便利さにあるようです。 運転中は、基本右足でアクセルとブレーキ、左足は何もしなくてもいいという楽さが好まれているようです。

オートマチックトランスミッションは、定期的なオイル交換が必要という手間がかかる面もありますが、それさえやっておけば後は楽であることが特長になるようです。。